img_02

優良債権を利用する診療報酬債権ファクタリング

企業での資金調達の方法は、銀行での借入が一般的です。

しかし最近では、企業の売掛金を買い取って資金を作るという『ファクタリング』も増えてきました。


医療機関では確実に回収が可能な、『診療報酬債権』というものがあります。
これをファクタリング会社に担保として買い取ってもらい、資金を調達する方法が『診療報酬債権ファクタリング』です。
この診療報酬債権ファクタリングには利点があります。
医療機関である限り、診療報酬債権は確実な回収が出来る優良債権です。

そのためファクタリング会社にかかる負担は少なく、審査も厳しくはありません。



ほとんどの医療機関は、仮に経営状態が悪くても審査に通る事が多いです。



またこのサービスを利用すると、他の資金調達法よりも速く、多くの資金を手に入れる事が出来ます。

これにより、従業員への給料など急ぎの場合、対応する事が可能です。

利点が多い資金調達法ですが、その分デメリットもあります。

銀行などに比べ利息が高く、経営状況が金融機関にわかってしまうという事です。


また始めると中止が難しいのも特徴です。



サービスを利用するなら、こういったデメリットがある事を知っておく必要があります。

更に後々負担を抱えないように、別の方法で資金を作っておく事も重要です。


医療設備の拡張など、猶予のある資金には残念ながら非効率的なサービスです。

リスクを理解した上で始めるのなら、特に問題はありません。

確実な資金を早期に手に入れる事は可能なので、猶予のない資金繰りには効率的です。