img_02

診療報酬債権ファクタリングは最終的手段

近年よく耳にする『ファクタリング』ですが、急激な資金のやりくりに便利というメリットがあります。

しかし一方で、デメリットも考えられるため、利用する際にはその仕組みをよく把握しておく事が必要です。初回で手に入る資金は多く、確実で速い資金調達が可能です。



更に診療報酬債権はどの医療機関でも回収が確実なため、審査基準が緩く通る事が多いのも特徴です。

診療債権は安全性が高く優良債権のひとつで、これを担保に資金を得るファクタリングは、効率的な資金調達法だと言えます。
一方で、この診療報酬債権ファクタリングは将来的なリスクを負う可能性もあります。ファクタリングは金利が銀行より高いため、効率的に資金を得るためには、それなりの事前準備が必要です。



更に一度利用すると、途中で止めるという事も難しいです。

止めるとなると資金が必要なため、結局経営状態が悪ければ困難になってしまいます。更にファクタリング会社を経由する事で、銀行側に資金状況が知られてしまうという点も考慮しなければなりません。



このような事から、サービスを利用する前に他の資金調達法も考えておく必要があります。


経営状況が悪化している場合、時間があるようなら経営改善策などを立てるのもひとつの方法です。

設備投資など将来的な資金の調達にはあまり向きませんが、迅速な資金提供が必要な従業員や製薬会社への支払いなどには効率的です。

診療報酬債権を担保にして行うサービスのため、事業主は将来的なリスクがある事も考慮して利用するようにしてください。